2017/08/14 12:32

【福岡うどん愛】讃岐うどんで魅せる! 和と洋がコラボレーションした創作うどんが話題

「ビシソワーズうどん」(930円)。隠し味にうどんダシを入れたビシソワーズが、もっちり麺によく絡む
「ビシソワーズうどん」(930円)。隠し味にうどんダシを入れたビシソワーズが、もっちり麺によく絡む

福岡市中央区大濠公園近くに佇む、「讃岐うどん 茶ぶ釜」。2014年春にオープンしたが、店主が病気療養のため一時閉店。今年の6月にファン待望の営業再開を果たした。オープン時から客の大半が女性という同店は、地元食材を取り入れた創作うどんが人気だ。

■ SNSで自慢したくなる! 夏季限定の「ビシソワーズうどん」は必食

厨房で腕を振るうのは、東京のイタリア料理店や讃岐うどん店で経験を積んだ店主・岩村さん。これまでの知識を生かしたいと、和と洋を融合させた創作うどんを数多く考案してきた。なかでも、オープン時から変わらず人気なのが、夏季限定の「ビシソワーズうどん」(930円)。真っ白なビシソワーズのスープと、パプリカの天ぷらやエビなど彩り鮮やかな具材のコントラストは、思わず写真を撮りたくなるほど美しいビジュアルだ。

「自分好みに合わせてソフトなコシを持たせました」と岩村さんが語る麺は、福岡県産とオーストラリア産の小麦粉をブレンド。確かに、モチモチッとした柔らかさのなかに程よいコシが感じられる。噛むたび訪れる豊かな食感に、誰もが思わず笑みをこぼれてしまうだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >