2017/08/09 17:00

【関西の中華】次のブームフード!?刺激的な「しびれ系」麻婆豆腐の新店4選

「四川麻婆豆腐」(1080円)。食べ進めるたびにごろごろ入った大粒の山椒がはじける/四川と小吃 奏煖
「四川麻婆豆腐」(1080円)。食べ進めるたびにごろごろ入った大粒の山椒がはじける/四川と小吃 奏煖

“マー活”という言葉も生まれ、今勢いのある麻婆豆腐は山椒の効いたしびれ系がトレンド。そんなクセになるしびれ系麻婆豆腐の新店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年8月8日発売号)より>

■ しびれの強さがクセになる!何度も挑戦したくなる本場の辛さ

「四川と小吃 奏煖」は、24年間中華ひと筋の料理長が作るしびれ系メニューが自慢のバル。牛ミンチを使った麻婆豆腐から魚介料理まで、3種の唐辛子と2種の山椒、自家製ラー油などを使い分け、舌を刺激する旨さを生み出す。

「四川麻婆豆腐」(1080円)。食べ進めるたびにごろごろ入った大粒の山椒がはじける。見た目どおりにパンチが効いた一品。

「辣子鶏」(990円)。香りと辛味を出すためしっかり炒めた唐辛子がたっぷり。ビールと好相性。

暖色の照明と木目が入った壁のアットホームな空間。辛さ調整など気軽に相談を。

「特製チャーシューなど小皿料理が楽しめる、前菜の盛り合わせ8種(1240円)も人気があります!」と、店長の中垣一大さん。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >