2017/08/15 00:55

「コンディトライ・バッハマン」の女子ウケ手みやげ!“ばらの花びら”

平塚市の花、バラにちなんだジャム。芳醇な花の香りがたまらない
平塚市の花、バラにちなんだジャム。芳醇な花の香りがたまらない

「ドレスデン風バウムクーヘン」(1段1365円)が看板の洋菓子店、神奈川・平塚「コンディトライ・バッハマン」。バウムクーヘンは男性ファンも多いほど、スパイスの効いた本場仕込みの逸品だ。だが一方で、女子ウケの商品もある。

■ バラの町ならではの加工品はジャム

バラの町ともいわれる平塚にちなみ、食用バラを用いた「ばらの花びら」(918円)。信州リンゴとエディブルフラワー(食用バラ)を用い、柔らかく煮て作ったジャムだ。フタを開けると、芳醇なバラの香りがふわっと香る。口に含むと、リンゴの甘さとほんのりとした花びらの苦味がマッチ。紅茶に入れたり、トーストに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりしてもOK。バラには、美容効果も期待できるとのことなので、女子にはぴったりだ。

■ 店舗で仕込む秘伝のレシピ

店舗で、バラの花びらをリキュールなど秘伝のレシピで漬けこむ。その後、信州の工房でその土地のリンゴと共にオリジナルレシピで煮る。以前は作り方を知っているのはオーナーのみだったというほど、そのレシピは門外不出。現在はオーナーの娘さんが後を継ぎ、数年前にようやく教えてもらったという裏話もある。それでもオーナーは、しばしば味をチェックしにくるのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >