2017/08/27 07:00

【東京】汁ありは進化の最先端!? 都内で食べたい「汁あり」担々麺3選

「立石担担麺 火のき」の担担麺(800円)
「立石担担麺 火のき」の担担麺(800円)

汁なしブームで人気沸騰中の担担麺。もともと、天秤棒を担いで売り歩き、スープを持ち運ぶのが困難だったことから「汁なし」が起源と言われている。

そこから日本人向けにアレンジされ広まった「汁あり」担担麺の発案者は、日本に四川料理を伝承した陳建民氏とも言われ、いまでは麺や味付け、具材まで、店や地域によってそれぞれの工夫が際立つものとなっている。そんな「汁あり」の良さを実感できる3杯を紹介。

■ 丁寧に手作りされた日本人好みの担々麺「立石担担麺 火のき」

担々麺に魅せられた店主による、日本人に合うようアレンジされた担々麺の専門店「立石担担麺 火のき」。白ゴマ・金ゴマ・みがきゴマの3種を用いた芝麻醤、4種の唐辛子と10種以上の香辛料を駆使したラー油、自家配合の山椒など、麺以外は手作りにこだわる。担担麺(800円)のスープは辛さやしびれはそれほど強くないが、本枯れ節や昆布などの魚介も加えることで、深みのあるあと味に仕上がっている。肉味噌は粗挽きで量もたっぷり。麺には風味の強い小麦を使い、スープに負けない工夫がされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >