2017/08/19 16:58

店員も店構えも“いい味”!古き良きレトロ食堂のカレー

鶏ガラ、香味野菜、日高昆布で作るスープにカレー粉を合わせるレシピは昔のまま!/「栄屋ミルクホール」
鶏ガラ、香味野菜、日高昆布で作るスープにカレー粉を合わせるレシピは昔のまま!/「栄屋ミルクホール」

カレーライス、店構え、そして店員さんも“いい味”を出している昭和の世界へタイムスリップ。そこは懐かしい気分に浸れる非日常空間。ロングセラーのカレーは、一度食べればやみつきに!

■ 「栄屋ミルクホール」(東京・淡路町)

2代目店主が、1955(昭和30)年頃に家庭で食べられていた、優しい味わいのカレーを作り続けている。「カレーライス」(650円)は、ニンニクを効かせて炒めた具のタマネギと豚肉を使用。このカレーと同じ鶏ガラスープを使う、ラーメンとのセット(950円)が人気だ。約70年前の創業当時とほぼ変わらない空間に、ほっこりとした気分になる。

■ 「日正(にっしょう)カレー」(東京・南千住)

「日正カレー」は、1951(昭和26)年創業の大衆食堂。「カレーライス」(650円)は、鶏ガラスープを下地にした昭和のカレーながら、ルーからは香辛料が香り立つ。月桂樹などの香辛料8種類を使った茶褐色のカレーは、あとから辛さがジワジワと増してくる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >