2017/08/24 13:00

関西の食卓を変えた味!「イカリ」ウスターソースのロングヒットの秘密

ウスター(手前)の他に、とんかつ(中)や中濃(奥)もあり(500ml・各378円)/イカリソース
ウスター(手前)の他に、とんかつ(中)や中濃(奥)もあり(500ml・各378円)/イカリソース

食卓に洋食文化をもたらし、“関西の味”として根付いたウスターソースの草分け的存在の「イカリ」ウスターソース。人気の秘密と知られざる製造工程をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年8月22日発売号)より>

「イカリソース ウスター」(手前・500ml・378円)。10種の野菜と果実、15種の香辛料を使った、伝統のスパイシーな風味と濃密なコクは、カレーの隠し味やフライにぴったり。2017年8月21日のリニューアルで、より贅沢な味わいに生まれ変わった。「ウスター」のほかに、「とんかつ(中)」や「中濃(奥)」もあり(500ml・各378円)。

■ 現存最古の歴史を持つ「イカリ」ウスターソース

ソース味か、醤油味か?今や、調味料の選択肢として真っ先に名前があがるほどに定着しているソース。大小さまざまなブランドのなかで、現存最古の歴史を持つのが、「イカリ」ウスターソースだ。

日清戦争のさなか、創業者が中国で英国製ウスターソースに出合い、その旨さにほれ込んだのが同社のソース作りの始まり。英国人コックのもと、飽くなき試行錯誤のすえに、イカリ印ソースとして世に出たのが1896(明治29)年のこと。ソースの存在自体がほとんど未知の時代。当初は原料に漢方薬を配合していたことから薬局に置かれたり、洋風醤油として宣伝されたりしながら、新たな味覚をもたらした洋食文化の先駆けとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >