2017/09/02 16:10

【第23回】名物のサンドイッチを目当てに。創業70年の名古屋喫茶チェーン「コンパル」

■ 著名人にも人気の高いサンドイッチは必食

地元に根ざしたコンパルだが、名古屋人だけのものにしておくにはもったいない名物がある。揚げたてのエビフライを3本も使った「エビフライサンド」(930円)だ。ふわふわの卵焼きや千切りキャベツと一緒にサンドしたボリューム満点の一品。味付けはカツソースやマヨネーズ、タルタルソース、ドレッシングなどすべて手作りのものを使う。「具材とソースのバランスが最高にいいんですよ。揚げ物は香ばしく焼いたパンで挟むことで味が引き立ちますし」と語るのは、大須本店の店長・西谷定久さん。十数年ほど前にテレビ番組で取り上げられたことをきっかけに注目を浴び、それからは有名人の来店も少なくない。「松任谷由実さんも毎年コンサートのたびに食べに来られます」。

本格的なサンドイッチメニューを始めたのは、1960(昭和35)年のこと。当時は「ポークカツサンド」(720円)や「ミックスサンド」(610円)が人気で、常連客はこちらを注文されることが多いようだ。「ポークカツサンド」の肉は柔らかくて年配の人にも食べやすいのが魅力。さらに、サンドイッチ類はすべてテイクアウトできるのも喜ばれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >