2017/08/24 13:20

【福岡うどん愛】ゴボウ天はインスタ映え抜群!創業半世紀を機に進化した「博多やりうどん」

名物の「博多やりうどん」(750円)。温かなツユの上にはふわふわの丸天、丼の上には約32cmのゴボウ天がのる
名物の「博多やりうどん」(750円)。温かなツユの上にはふわふわの丸天、丼の上には約32cmのゴボウ天がのる

1967年(昭和42年)に折尾駅で開業以来、“気軽に立ち寄れる博多うどん店”として地元民に親しまれてきた「やりうどん」が、2017年の50周年を節目に「博多やりうどん」として福岡県内にある7店舗すべてをリニューアル。長年親しまれてきた博多の味に、洗練さと地域密着の要素を加えてさらなる進化を遂げようとしている。

■ 槍に見立てたゴボウ天がのる一杯はインスタ映え100%!

名物の「博多やりうどん」(750円)は、黒田藩の家臣・母里(もり)太兵衛が賤ヶ岳の七本槍の一人・福島正則から拝領した「日本号」という槍をモチーフにしている。丼にのる約32cmのゴボウ天は、揚げたてサクサク。博多うどんの定番トッピングである丸天は自家製で、ふわふわとした食感が楽しめる。7月19日からは「博多やりうどん」で使うゴボウ天を丼に3本のせ、天下三名槍を表現した「天下三槍(てんかさんそう)うどん」(750円)がメニューに登場。どちらのうどんも写真に撮ってSNSで自慢したくなるほど、見た目のインパクトは大だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >