2017/08/28 20:12

【福岡うどん愛】薬院に登場!旬にこだわる「豊前裏打会」のニューカマー

「萬田うどん」(980円)は、ゴボウ天やヤマイモ、肉、卵黄と豪華な具材をトッピング
「萬田うどん」(980円)は、ゴボウ天やヤマイモ、肉、卵黄と豪華な具材をトッピング

北九州市小倉南区の「津田屋官兵衛」を総本家とする「豊前裏打会(ぶぜんうらうちかい)」。細めながらもっちりでひきがある麺と厳選素材でとる上品で風味豊かなダシが、うどんファンに支持されている。その流派の志を受け継いで2017年6月19日にオープンしたのが、「豊前裏打会 萬田うどん」(福岡市中央区薬院)だ。

■ コシ強で風味豊かな伝統のうどんを毎日届く旬の食材とともに味わう

メニューは「かけうどん」(400円)を筆頭に、ぶっかけや釜揚げほか温冷で多彩なうどんがそろう。屋号がメニュー名の「萬田うどん」(980円)は、丼をはみ出るぐらい大きなゴボウ天やヤマイモ、肉、卵黄と、豪華に具材をトッピング。昆布とカツオでダシをとった風味豊かな温かいツユでいただく。

九州産の厳選食材は、主に福岡市中央区白金にある青果店「八百将(やおまさ)」から毎日仕入れている。通年で注文可能な「アボカドわさび(冷)」(800円)は、うどんの温かいダシに一日漬け込んだアボカドを冷たいダシとワサビでいただくさっぱり味。半日以上熟成させた黄金色で半透明の麺は、強いコシと喉越しを堪能できる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >