2017/09/04 20:00

串料理からガリガリ君ドリンクまで!話題の“懐かし系”居酒屋に行ってみた!

名物は2種の串(各248円)。とろけるほど煮込んだ牛すじと、バラやウズラの卵などを甘辛く味付けした豚串がある
名物は2種の串(各248円)。とろけるほど煮込んだ牛すじと、バラやウズラの卵などを甘辛く味付けした豚串がある

モツ鍋専門店「紅月」のプロデュースする「角のうぐいす」が、2017年8月11日、福岡市中央区春吉にオープン。昔ながらのアットホームな居酒屋を意識した店内で、風変わりな料理とドリンクを堪能できると話題を呼んでいる。スタートして間もないが、連日多くの人で賑わいをみせる。そんな店の人気を徹底解剖。

■ どこか懐かしさを感じさせる大衆酒場

コンセプトは“昔の大衆居酒屋”。活気のある店内で、肉や魚、珍しいドリンクなどを楽しめる。店の名物は、入口付近の一番目立つ場所で作る牛すじどろ炊きと角の豚串。多い時で各100本以上の注文が入るほど人気。また、一品料理やアルコールなども品数豊富にラインナップする。

■ 来店者の9割がオーダーする看板の串メニュー

一番の売れ筋は、牛すじどろ炊きと角の豚串(各248円)。牛すじどろ炊きは、国産の黒毛和牛を使用。2種の赤と1種の白を合わせた味噌が、肉に染み込む。また豚肉、ネギ、コンニャク、ウズラの卵を刺す角の豚串も好評。隠し味にハチミツを使った醤油ベースの甘辛い味付けで、お酒と相性抜群!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >