2017/11/27 18:00

【福岡のうまかもん】進化系チャイニーズ“ネオ中華”を堪能「中国菜 凛丹」

「天使の海老の揚げニンニクスパイス塩炒め」(1512円)。世界最高級と言われる「天使の海老」を使用。粗めの胡椒をかけ、ザクッとした食感に仕上げる
「天使の海老の揚げニンニクスパイス塩炒め」(1512円)。世界最高級と言われる「天使の海老」を使用。粗めの胡椒をかけ、ザクッとした食感に仕上げる

伝統的な中華の枠にとらわれず、調理法や素材の組み合わせ方をアレンジし、自由な中国料理を提案する“ネオ中華”の代表格「中国菜 凛丹」(福岡市中央区)。六本松にある同店は本店で、2014年にオープンすると瞬く間に西中洲の「四合院凛丹」、平尾の「凛丹一碗居」と3店舗を展開する人気店となった。

四川や北京など多彩なジャンルの料理は、食材選びを重視し、朝引き鶏や佐賀産もち豚などの地場食材を中心に使用。味や食感はもちろん、見た目の美しさにまでこだわる。

定番人気の「天使の海老の揚げニンニクスパイス塩炒め」(1512円)は、殻も柔らかくそのまま食べられるブランドエビ「天使の海老」を使用。プリプリとした食感と、殻のザクッとした歯ごたえがクセになる。ズッキーニなどの野菜とともに高温の油で揚げ、焼き唐辛子やニンニクチップ、ラー油で香り高く仕上げている。

「蒸し鶏の山椒唐辛子辣油ソース よだれ鶏」(1080円)もオーダー率が高い一品。想像するだけでよだれが出ることから、その名が付いた鶏肉「よだれ鶏」の旨味を、特製の黒酢や中国醤油、山椒、唐辛子などで作るブレンドソースでさらに引き立てる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >