2017/10/18 15:00

【福岡酒場放浪記】〆のそばもウマい!粋な“そば前”を満喫できる「蕎麦 和」

酒は「伯楽星」などの定番7種、日替わり6〜8種が並ぶ
酒は「伯楽星」などの定番7種、日替わり6〜8種が並ぶ

福岡市中央区六本松の一角に建ち、厳選された日本酒を用意するそば処「蕎麦 和(なごみ)」。「久山酒店」や「とどろき酒店」など福岡の有名酒店から仕入れる地酒は、産地にこだわらず味わいを重視。ビギナーでも飲みやすい甘口から玄人向けの辛口まで幅広くラインナップし、種類は常時15種ほど。

一品メニューに合わせた酒を提案してくれるのもうれしいポイント。合鴨たたき(780円)、馬刺(1500円)、しめ鯖炙り刺し(750円)、江戸前焼海苔(580円)など、酒が進む肴がそろう。そのほか、夜のみ提供する酒+おつまみ3品の「ちょいのみセット」(1050円)、コース(3000円~※要予約)もある。

そばの麺は北海道産のそば粉を使用した手打ちで、その日の気温などを見て水の配合やこね方まで細かく調整し、食べた時の喉越しと鼻を抜ける爽快なそば粉の香りを抜群に仕上げる。一品料理と酒で“そば前”を満喫し、〆に自慢の二八そばを食べる定番スタイルを楽しもう。

【九州ウォーカー編集部/文=久保田学(J.9)、撮影=菅祐介】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >