2017/09/19 17:30

【第29回】新しい一歩を控える鉄板スパゲティ発祥の店「喫茶ユキ」

ノスタルジックな店名ロゴデザインも人気な「喫茶ユキ」
ノスタルジックな店名ロゴデザインも人気な「喫茶ユキ」

名古屋市には、卵を敷いた鉄板にナポリタンをのせて出す店がひと際多い。“鉄板スパ”や“鉄板ナポリタン”とも呼ばれるこのスタイルを生み出したのは、名古屋市東区・車道商店街にある「喫茶ユキ」だ。

■ 旅行先でヒントを得て誕生した、スパゲティの鉄板のせ

同店の看板メニュー「イタリアンスパゲティ」(650円)は、イタリア旅行をきっかけに誕生したものだ。「喫茶ユキ」の創業者である丹羽清さんは、喫茶組合の催しでイタリアを訪れ、本場のパスタを味わった。しかし、会話しながらゆっくり食べていると、途中で料理が冷めてしまう。そして、翌日の食事は鉄板焼きのステーキだったのだが、ステーキは最後のひと口まで熱々のまま。こうして清さんは、ナポリタンをステーキ用の鉄板にのせて出すアイデアを思い付いたそう。

熱々の鉄板による効果は、料理が冷めにくいという特徴に加えて、完成間際に流し込まれる溶き卵にも影響する。具材で使われるタマネギの甘味や豚肉の旨味を、全体に広げていくのは溶き卵である。溶き卵はケチャップと混ざりつつ、客の前で徐々に加熱され焼き上がっていく。こうして自然に味が変化して、飽きずに最後のひと口まで味わえるというわけだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >