2017/09/13 15:04

【第28回】大須商店街で変わらぬ味と時を刻み続けている「モカ珈琲店」

大須商店街で生まれて57年。店看板やロゴもレトロでかわいい
大須商店街で生まれて57年。店看板やロゴもレトロでかわいい

大須観音の門前町として発展した大須(名古屋市中区)。1912(大正元)年に生まれたと言われる大須商店街には、古くから続く老舗のほかに、多様なカルチャーが集い次々と新しい店がオープンしている。新旧の顔を併せ持つ魅力あふれる商店街で、創業当時からの変わらぬ味と空間を守り続けているのが創業57年の「モカ珈琲店」。今日も常連客と観光客が隣り合わせで珈琲を味わっている。

■ 先代オーナーから受け継いだ味を変わらずに提供

創業時の先代オーナーから縁あって、店を受け継いだ樋口信子さん。受け継いだのは1990年なので、オーナー歴は約27年だという。次々と常連客が訪れる店で、息子さんと2人で先代から受け継いだ味を供している。「コーヒー豆は先代の時と同じものを使用しています。看板メニューはブレンドコーヒー(370円)。店名と同じモカ珈琲の豆は酸味が強いから、少し飲みやすくブレンドしたものを使っています。ある程度の量を一度にいれることや、ネルドリップを使い、いれ方も先代にしっかり伝授していただきました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >