2017/10/27 17:00

【埼玉・東岩槻】高知産生姜にこだわり!香りと味のバランスを極めた一杯

独学でこの店を開き、ラーメンに情熱を注ぐ店主の山本さん
独学でこの店を開き、ラーメンに情熱を注ぐ店主の山本さん

新潟は長岡で出合ったラーメンにほれ込み、店主の山本さんは独学でこの店を開いた。「ラーメンは味のバランスが命。生姜の香りを立たせることだけに注力した」と語るとおり、食材や火の入れ方を幾度となく研究し、現在のスープと麺にたどり着いた。毎日厨房で情熱をもってラーメンを作り続ける。

■ 「しょうゆチャーシューメン」(1000円)

豚骨と鶏ガラ、高知県産の生姜で取るスープに、チャーシューの煮汁をベースにした醤油ダレをブレンド。豊かな生姜の香りが溶け込んだ、コクのある端麗スープだ。

■ラーメンデータ<麺>中太・角・縮れ/製麺所:非公開・150g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=なし/濃度: あっさり/種類: 豚骨・鶏ガラ

■ 香り成分の強い高知産生姜

長岡系ラーメンに欠かせない食材といえば生姜。いくつもの産地を試した結果、煮込んだときに香りがもっとも強く出る高知産を採用。寸胴1本に1kg以上を投入する。

■ 「しおラーメン」(750円)

新潟県北部の海「笹川流れ」で作られる塩をタレに使用。えぐ味の少ないまろやかな風味が特徴で、動物系の清湯(チンタン)スープと相まって淡い旨味が口いっぱいに広がる。

店内は厨房を囲むL字型のカウンター席がメインで小上がりは家族連れ用の優先席となっている。【東京ウォーカー】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >