2017/09/26 11:23

【福岡うどん愛】ホロリと柔らかい至福の国産牛がたっぷり!小倉名物を博多に持ち込んだ「肉ちゃんうどん」

口の中でホロリとほどける牛肉と、ショウガ、糸島産のネギが入った「肉うどん」(670円)。ショウガ、ネギは無料で増量できる。うどん店では珍しい「替玉」(100円)もあり
口の中でホロリとほどける牛肉と、ショウガ、糸島産のネギが入った「肉うどん」(670円)。ショウガ、ネギは無料で増量できる。うどん店では珍しい「替玉」(100円)もあり

博多区千代町の千鳥橋病院近くに佇む「肉ちゃんうどん」。小倉出身の主人が地元発祥の「どきどきうどん」の味を博多の人にも知ってもらいたいと、修業を積み2005(平成17)年にオープンさせた。

■ 小倉で親しまれている「どきどきうどん」の味・スタイルを継承

「どきどきうどん」とは、戦後に北九州市小倉で誕生したうどんの名称。魚介のダシがきいた黒いスープに太い麺、その上に角切りの牛肉とたっぷりのショウガをのせるのが特徴だ。数年前まで福岡市内ではあまり浸透していなかったが、現在はその「どきどきうどん」のスタイルをベースにした肉うどんを出す店が点在。その先駆けといわれているのが、ここ「肉ちゃんうどん」だ。

■ ほんのり甘辛いダシで煮込んだ九州産黒毛和牛がたっぷり

「どきどきうどん」のスタイルを守りつつ、独自に改良した看板の「肉うどん」は1杯670円。ほかのうどん店に比べて、若干高く感じるかもしれないが、それには理由がある。肉ちゃんうどんでは、「高くても丁寧に下処理されたおいしい肉しか使わない」と国産牛にこだわっているのだ。肉の種類は日替りだが、そのほとんどが九州産の黒毛和牛だという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >