2017/09/27 16:16

【第30回】ころかけうどんの元祖として知られる岐阜・多治見の名店「信濃屋」

長屋の一軒を改修したという外観は、多治見で開業した当時からほとんど変わっていない/Photo by 北川友美
長屋の一軒を改修したという外観は、多治見で開業した当時からほとんど変わっていない/Photo by 北川友美

うどんに冷たいツユをかけて食べるころかけうどん。東海地方ではごく一般的な食べ方だが、その発祥とされているのが岐阜県多治見市にある「信濃屋」だ。独特の食感を持つ手打ち麺と香り高いツユの味を求め、全国からたくさんのうどん通が訪れる。

■ 戦火をくぐり抜けた歴史

JR多治見駅から徒歩9分、昭和の雰囲気を色濃く残した長屋に店を構える「信濃屋」。創業は戦前の1930(昭和5)年にさかのぼる。「昭和の始めに名古屋の中区にあるうどん屋で修業していた父が、建物と暖簾ごと店を引き継いだのが始まりなんです」と話すのは、2代目店主の滝 晶宣(まさのり)さん。

しかし、終戦間際の1945(昭和20)年に空襲で店が全焼。大八車に載せられるだけの荷物を載せて、多治見市に疎開した。そして戦後の物資不足のなかで少しずつ準備を進め、1948(昭和23)年に店を再開。おいしいと評判だった名古屋の店の味を再現し、口コミで少しずつ評判が広がっていったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >