2017/09/28 18:00

ダシになじむ大阪のうどん!「おんち」印ロングセラーの秘密

「うどん」(1袋78円・税込)/おんち
「うどん」(1袋78円・税込)/おんち

他に先駆けた独自の品質追求とユニークな楽しみ方の提案で大阪のうどんの魅力を発信する「おんち」印のうどん。人気の秘密と知られざる製造工程をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年2月7日発売号)より>

「うどん」(1袋78円・税込)。もちっとした柔らかな食感に、つるりとなめらかな喉越しで、「大阪のうどん」の魅力を体現する。細めの「京うどん」など6種の定番のほか期間限定うどんもあり。

■ 大阪のうどん文化を継承

今から約400年前、大阪城築城に集まった人夫のための屋台に始まり、ダシの食文化と結び付いて庶民に広まった大阪のうどん。讃岐うどんのような弾力ではなく、“粘り”から生まれる独特のコシを体現するのが「おんち」印のうどんだ。

1926年の創業以来、地元・枚方を中心に支持を得て、1976年に浜村 淳氏を起用したCMで人気が拡大。「あ~おんちかった」のフレーズと共に、関西の食卓で親しまれる存在に。柔らかさの中にも、もっちりと心地よい食感は、綾織り製法をはじめ独自の飽くなき品質追求のたまもの。茹でた麺を冷水で急冷するフレッシュ&コールドシステムや専用熟成庫など、他に先駆けて製法の改良を進めてきた製麺業界のパイオニアでもある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >