2017/10/06 12:00

【第35回】昭和初期に開業した「レストサカエ」で、元祖・みそかつを

昭和の趣を感じる明るい色文字が目印/Photo by 北川友美
昭和の趣を感じる明るい色文字が目印/Photo by 北川友美

名鉄瀬戸線・尾張瀬戸駅から歩いて5分、銀座通商店街のほど近くに「レストサカエ」はある。現在は2代目店主と3代目が肩を並べて料理をふるまう。元祖みそかつをはじめ、エビフライやポークチャップなど、食べ応え十分のメニューで常連客や観光客を満足させている。

■ 2代目と3代目でボリューム満点の料理を提供

「レストサカエ」が誕生したのは1940(昭和15)年。元は「サカエ食堂」という名前だったが、約30年前に「レストサカエ」に改名した。

現在の店主は2代目で、店には3代目もおり、共に厨房に立ち料理を提供している。メニューは定食中心で、ごはんや味噌汁、季節のフルーツなどを盆に盛り付けるのは、2代目の奥様の担当。約20種類あるメインのおかずを、2代目と3代目が手際よく、ささっと作り上げていき、効率よく客の前に提供していく。

■ 看板メニューはみそかつ。時代にあわせて味も変化

看板メニューはみそかつ。創業時から、とんかつに辛味噌をつけて“みそかつ”として提供していた。地方によって馴染みのある味噌は異なるため、多くの人が食べやすくなるように辛味噌を少し甘く仕上げて提供するように。メニュー名に「元祖」と付くのは提供し始めた60年前にそのような“みそかつ”がなかったからだそう。今の味噌は、少し甘さ控えめになっている。「最近はあんまり甘すぎるとだめでしょ。時代に合わせて変えているのよ」と2代目の奥様が教えてくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >