2017/10/05 19:41

【第34回】家庭の味が恋しくて。働く男たちが憩う場所「日光橋食堂」

壁に大きく書かれた“めし”の文字が目を引く/Photo by ふるさとあやの
壁に大きく書かれた“めし”の文字が目を引く/Photo by ふるさとあやの

のんびりとした田園地帯と、多くの企業が集う臨海工業地帯が共存する愛知県海部郡飛島村。その国道23号名四バイパス沿い付近に立ち、トラック運転手たちの憩いの場となっているのが、朝6:30から営業する「日光橋食堂」だ。

■ 父の後を継ぎ、家族で支え合う

現在店を切り盛りするのは、2代目店主・伊藤光利さん、そしてその父、母、妻、さらに初代のころから勤めているパートさん。「日光橋食堂」は光利さんの両親が、1965(昭和40)年に始めた店だ。光利さんが初代である父の後を継いだのは今から20年ほど前。東京で料理人をしていたが、初代が身体を壊して店を続けるのが困難になったことをきっかけに、東京の仕事を辞めて戻ることに決めたのだそう。

後を継いだ当初は、東京でも作っていた洋食などを出していたが、お客さんから家庭料理が食べたいと言われてメニューを考え直すことに。「うちに来るのはトラックの運転手さんが多いので、『働いている人にはスタミナが付くものがいいかな』っていう発想から、肉も野菜もとれてバランスよく、ということを頭に置いてメニューを増やしてきた」と光利さん。豊富にそろうメニューは、スタッフの全員が作れるように徹底してあるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >