----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/10/11 08:00

【第37回】和風ソースの「カツ丼」は1度食べたらクセになる!?岐阜・大垣「鶴岡屋 本店」

外から店内が見えるオープンな外観/Photo by ふるさとあやの
外から店内が見えるオープンな外観/Photo by ふるさとあやの

岐阜県大垣市には「鶴岡屋」の屋号を名乗るうどん店が3軒ある。その本店が、1902(明治35)年創業のこちら。オリジナル和風ソースの「カツ丼」が一番の名物だ。

■ 明治時代から続く老舗うどん店

2017年で創業からちょうど115年を迎えた岐阜県大垣市の「鶴岡屋 本店」。引き戸を開けて暖簾をくぐると、女将の松尾和子さんが笑顔で出迎えてくれる。そして厨房に立つのは、店主の水谷 肇(はじめ)さん。この2人が中心になって店を切り盛りしている。

「創業は1902(明治35)年。もともと祖父が始めた店なんです」と水谷さん。先代からは「子どもの客を大事にしろ」という言葉を受け継いでいるという。「子どもは素直で正直ですからね。絶対に手抜きはできません」。そんな言葉の端々からも職人としての気概が伺える。

■ 和風ソースで煮込んだ「カツ丼」が名物

同店の看板メニューは「カツ丼」(820円)だ。いわゆるソースカツ丼の部類に入るのだが、ソースはウスターソースではない。「戦時中に父の友人が海軍にいまして、初めてデミグラスソースの味を知った。そのおいしさを再現しようと、父が戦後間もないころに考案したんです」と水谷さん。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >