2017/10/06 18:22

愛され続けて50年以上!神奈川のおすすめ中華料理店3選

「中華料理 牡丹」のニラレバ750円。レバーは炒める前に衣を付けて、しっかり揚げてあるのでサクっとした食感
「中華料理 牡丹」のニラレバ750円。レバーは炒める前に衣を付けて、しっかり揚げてあるのでサクっとした食感

レバニラ、タンメン、餃子、ホイコーロー…一人でも、友人とでも、家族でもいつでも気軽に食べられる町中華。今回は横浜ウォーカー編集部が、ジモトで絶大な人気を誇る中華料理店を徹底リサーチ。その中から50年以上愛され続ける店をピックアップ!

■ 3代目と4代目の親子で手作りにこだわる 三崎口の「中華料理 牡丹」

三崎口港の近くにあり、1947(昭和22)年から営業している「中華料理 牡丹(ぼたん)」。昔はよく、マグロ漁船の漁師たちが陸に上がった時に立ち寄ったという。看板メニューは、毎日手作りされる「焼売」(550円)と「叉焼(チャーシュー)」(1,300円)。昼前にでき上がり、それぞれ売切れ次第終了となる。ほかにも「ニラレバ」(750円)は炒める前にレバーを揚げることで食べやすくするなど、提供される料理には長年愛されてきた理由が詰まっている。

■ 東山田で開業し今の場所へ。並んででも食べたい「龍巳飯店」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >