2017/10/15 15:00

【東京・牛込神楽坂】麺とスープだけで勝負する超シンプルな一杯!

スープと麺のみの「澄まし麺」(並盛700円)
スープと麺のみの「澄まし麺」(並盛700円)

店名の「ふくぼく」とは、中国の思想家・荘子の言葉に由来し、「原点回帰」の意味を持つ。海外で和食のコーディネートを手がけるオーナーが、「原点に返ったシンプルなラーメンを作りたい」と世に送り出したのが、スープと麺のみの澄まし麺だ。

■ ラーメンの原点に返った現代版“一杯のかけそば”

早稲田通りから一本入った路地裏にあり、店内は高級感ある空間が広がる。麺メニューは「澄まし麺」(並盛700円)と醤油かけ麺(並盛700円)。それぞれ半盛各500円もあり、食べ比べてみるのも楽しい。麺のお供に名物鴨だしご飯380円も人気だ。夜は日本酒割烹「蒼穹」として営業している。

スープは真昆布と2種の煮干し、削りたてのカツオ節で作る一番ダシで、味付けは塩のみ。麺は菅野製麺所の細ストレート。小麦の味を主張しすぎず、それでいて上品な和ダシに合うよう、試行錯誤を繰り返したそう。

スープの香りをダイレクトに感じてもらうため、レンゲの用意はなし。麺は喉越しのよい細ストレート。スープを吸うとモッチリになり、意外と食べ応えがある。別皿で薬味のネギと岩海苔が付く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >