2017/10/07 12:00

【東京・南千住】牛骨にこだわる闘牛士が“鶏”を追いかけ荒川区に越境!

LaLaテラス南千住2階の表側に面したエリアに店を構える
LaLaテラス南千住2階の表側に面したエリアに店を構える

牛骨が代名詞の「マタドール」が、新ブランド「ANNEX」でついに“鶏”を解禁。大きな話題となった。人気メニューの「贅沢塩らぁ麺」(980円)は一見すると本店と同じだが、実はスープに鶏を用いたANNEX仕様。食べ比べてみるのもおもしろい。ファミリー層がターゲットのため、テーブルが中心。子供用の椅子や食器も用意されている。

■ 牛骨を世に広めた名手が鶏に“浮気”したワケは?

黄金に輝くスープが食欲をそそる「黄金の鶏塩 中華そば」(750円)。鶏・豚・牛に8種の魚介や香味野菜などを加えたスープに、鶏の旨味を凝縮させた秘密の塩ダレと吉備黄金鶏の鶏油(チーユ)を合わせ、鶏の風味を前面に出している。具の塩カルビも初の試みだ。

「鶏を使っていますが、それがウリではない。現に黄金の鶏塩 中華そばも比率では鶏ガラより牛骨を多く使っています。やはり『マタドール』といえば牛骨なので」。と話すのは店主の岩立伸之さん。しかしながら“鶏”を使っているのには、もちろん意味がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >