2017/10/07 18:00

【東京・末広町】イタリアン出身店主の新アモーレは超濃厚つけ麺!

九十九里産の煮干し3種を使用
九十九里産の煮干し3種を使用

煮干し塩ラーメンが名物だった「志奈そば 田なかセカンド」がリニューアル。「九十九里煮干つけ麺志奈田」に生まれ変わった。その理由を店主の田中友規さんは「秋葉原で1年半やってみて、淡麗系より、濃厚系を食べたいという声に応えました」と語る。

リニューアルに伴い、店名を「志奈田」に短縮。純濃煮干つけ麺は、強烈な煮干しの風味の中に、フォン・ド・ヴォーのような上品でまろやかな旨味も感じられる。

■ 淡麗系煮干しの名店が超濃厚つけ麺に挑む

巷にあふれる濃厚豚骨魚介つけ麺を出す気は毛頭なかったという「志奈そば 田なか」ならではの一杯「純濃煮干つけ麺(中)」(890円)。洋のエッセンスを巧みに加えた濃厚煮干し豚骨スープ。麺は、店主の義父が営む製麺所による“実家製麺”。パスタのタリアテッレのような平打ちでスープとよく絡む。

「ウチの代名詞である九十九里産の煮干しを前面に生かしつつ、煮干しの臭みを消し、かつ“洋”を感じさせる工夫を施しました」と話す田中さん。イタリアン出身の店主が繰り出す、濃厚さと洗練さを併せ持つ新たなつけ麺。その舌で体感せよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >