2017/11/05 20:00

【東京・中野】大勝軒譲りの魂とオリジナリティで勝負する渾身の一杯

動物系と魚介系のダブルスープ「特製らー麺」(950円)
動物系と魚介系のダブルスープ「特製らー麺」(950円)

故・山岸一雄さんが創業した一大勢力「大勝軒」グループ。その総本山である「東池袋大勝軒本店」で長年勤め上げ、シンガポール店の店長も任された橋本健太朗さんが独立開店したのが「麺屋 はし本」。

独立に際し、「大勝軒」ののれん分けしてもらう弟子が多いなか、その看板に頼らず、修業先とは異なる味を追求する。豚骨魚介のらー麺(750円)と、マレーシア産の唐辛子「チリバディ」などを使った辛味らー麺(850円)の2種類の基本メニューを用意している。

■ 大量の素材を使って引き出す魚介の旨味

「特製らー麺」(950円)は動物系と魚介系のダブルスープ。ほどよく濃厚で魚介も効き、くどさはなく、モチモチの中太麺を合わせている。チャーシューはカナダ産「七色豚」の肩ロースを使用し、特製はチャーシュー2枚と味玉などが追加される。

■ラーメンデータ<麺>中太・丸・ストレート/製麺所:三河屋製麺・190g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=鶏油/濃度:こってり○●○○○あっさり/種類:豚骨・鶏ガラ+魚介(節系)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >