2017/10/13 15:10

「味仙」の新定番になるか?魅惑の“ホルモンラーメン”

「味仙 矢場町店」の知る人ぞ知る新メニュー“ホルモンラーメン”
「味仙 矢場町店」の知る人ぞ知る新メニュー“ホルモンラーメン”

約15年前、なごやめしブームが起きたころから、名古屋のご当地ラーメンとして認知され始めた台湾ラーメン。その発祥の店が愛知県名古屋市にある「味仙」ということは、そろそろ世間的には常識になりつつあろう。さらなる話として、「味仙」は今、愛知県に10店舗ほどあり、台湾ラーメン生みの親・郭明優氏の兄弟5人が別々に展開している。なので、看板や大筋のメニューは同じだが、台湾ラーメンの辛さが微妙に違ったり、メニューが各店舗ごとに違ったりと、オリジナリティが際立っていたりする。

そんな中、今、注目したいのが、矢場町の店舗だ。理由は、新メニューの開発に力が入っているから。そのうちのひとつに、ホルモンラーメン(780円)というメニューがある。

■ ホルモンラーメンはどんな一杯?

台湾ラーメンと同じ小ぶりの丼に入り、麺も同じく中細ストレート。さらっとしたスープとの相性もよく、食べやすい。スープは台湾ラーメンと同じであろう鶏ガラベースの醤油系。唐辛子とニンニクがきいてはいるが、辛さはやや抑えめ。チャーシューはなく、具はホルモンとネギのみ。ただしホルモンは惜しげもなくのっているので、満足感はたっぷり。台湾ラーメンとの確固たる違いは、このホルモンにある。しかもこれがメチャクチャに旨いのがポイント。肉好き、ホルモン好きなら「食べてみたい」という思いが絶対にわくであろうこの魅惑のメニュー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >