2017/12/07 07:30

【第44回】昭和23年創業の大須を代表する老舗焼鳥店「初鳥」

外観は1964(昭和39)年に建てられた時のまま、ほとんど変わっていない/photo by 古川寛二 / (C)KADOKAWA
外観は1964(昭和39)年に建てられた時のまま、ほとんど変わっていない/photo by 古川寛二 / (C)KADOKAWA

焼鳥好きのあいだで名店として有名な「初鳥(はつとり)」。この道およそ50年の大将が、炭やタレ、塩などすべてにこだわりながら、長い経験に裏打ちされた絶妙な焼き加減の串焼きを提供してくれる。

■ 戦後に野鳥専門の屋台として創業

1948(昭和23)年、まだ戦後の混乱が収まっていない時期に屋台の店として創業し、上前津のあたりで営業していたという「初鳥」。ちなみに江戸時代の焼鳥は野鳥が主流だったといわれるが、同店の創業当時も今より狩猟が盛んだったころ。スズメや鴨、キジ、ウズラなどの野鳥が豊富に獲れたため、秋から春にかけての狩猟期間は野鳥専門の店としてにぎわったという。

現在の場所に店が建てられたのは1964(昭和39)年。ちょうど1回目の東京オリンピックの年である。「自分が大学に通いながら店を手伝い始めたのも同じころ。そして卒業と同時に、父のもとで本格的な修業に入ったんです」と話すのは、2代目の服部豊二(とよじ)さん。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >