2017/11/05 16:00

おじいちゃんが作る昔ながらの洋食!昭和から続く老舗の洋食屋3選

「B定食(ライス付き)」(1500円)/のらくろ
「B定食(ライス付き)」(1500円)/のらくろ

昭和に創業した名店で受け継がれる味は、世代を問わず愛され続ける。激動の時代を生きた職人が作る、心温まる洋食を味わいに行こう。<※情報は関西ウォーカー(2017年10月24日発売号)より>

■ 知る人ぞ知る老舗洋食!「のらくろ」の手作りハンバーグ

1934(昭和9年)創業の「のらくろ」は、下鴨神社そばの住宅街にひっそりと店を構える洋食の名店。「もともとは、母が名曲喫茶を営んでいて、戦争から帰ってきた父と一緒に洋食を始めたんですよ」と語るのは、2代目の石原 進さん。当時は松竹の撮影所が近く、下鴨神社でよく時代劇の撮影をしていたので、侍の格好をした役者やスタッフで店はにぎわっていたそう。

ここで昔から愛されているのが、自慢のハンバーグとエビフライ、カニクリームコロッケがセットになった「B定食」だ。人気の理由は、そのボリュームとバランスのよさ、そして手作りならではの味にある。

「B定食(ライス付き)」(1500円)。食パンを5日間乾燥させた、ふわふわの生パン粉で揚げたフライが絶品。プリプリで大きなエビフライもこの価格で味わえるのがうれしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >