2017/11/07 23:05

【実食レポ】「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」名古屋初上陸!鬼も泣くほどの限定麺「鬼殺し」とは!?

黒を基調としたシックな外観が目印
黒を基調としたシックな外観が目印

2017年11月8日(水)、JR名古屋駅構内にある「名古屋驛麺通り」に東京の有名店「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(きかんぼう)」がオープンした。店名に掲げられる“カラシビ”とは、唐辛子の辛さと山椒のシビレのこと。辛さ、シビレは共に調節可能で、自分好みの辛さとシビレで本格的な味噌ラーメンが味わえるのが特徴だ。今回はオープン前日に行われた内覧会に潜入!話題の新店の全貌を紹介するぞ。

■ 鬼のお面がズラリ!今にも鬼が出てきそうな独特の店内

特徴的な内観で知られる「鬼金棒」。店に入るとまず目につくのが、壁に掛けられた無数の鬼のお面だ。とにかく大きなものや、いかつい顔のもの、小さくてかわいいものなど、多種多様なお面が約60個並ぶ。これらはすべて社長の三浦氏が、全国で集めてきたコレクションだそう。ほかにも、天井から金棒が吊り下げられていたり、太鼓を鳴らしたBGMが流れていたりと、店内は「鬼金棒」独特の雰囲気に包まれていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >