2017/11/18 11:30

【福島】もう、あふれ出す地元愛! 名店「若武者」の新店は、福島食材が輝く中華そば

看板メニューの「ラーメン」(680円)には、店主の思い出が詰まる
看板メニューの「ラーメン」(680円)には、店主の思い出が詰まる

17年6月にオープンしたラーメン店「麺処 若武者 弐號店(にごうてん) みどり湯食堂」(福島県二本松市)は、道の駅のフードコートでありながら注目度は高い。というのも、ラーメンWalkerが主催する「ラーメンWalkerグランプリ」で福島県総合部門2年連続1位を獲得した「若武者」の新展開のためだ。(「ラーメンWalker福島2018」の記事を再構成)

ところが看板メニューは、気鋭店の新機軸としては意外に思える、レトロな中華そばだった―。

■ なぜ今、昭和風の中華そばなのか?

メインとなるのは、シンプルな中華そば風の「ラーメン」(680円)。鶏ガラや豚背ガラ、モミジ、香味野菜から取ったダシであっさりと仕上げた一杯だ。市内産のリンゴを隠し味に入れてほのかな甘味も加え、懐かしくも親しみやすい一杯となった。

スープは白醤油の甘味&酸味が独特で、飲み干せるほどあっさりしている。手もみ麺はしなやかで、適度にモチッとした歯応えがいい。チャーシューは噛むほどに旨味が染みでてくる。ノスタルジック系ながら、どこか洗練を感じさせる仕上がりはさすが。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >