2017/12/01 19:20

【東京】レトロな内装もステキ!愛され続けるカレーの老舗3選

8種類の香辛料が華やぐハイカラカレー 「日正カレー」
8種類の香辛料が華やぐハイカラカレー 「日正カレー」

カレーの香辛料で冬の寒さを吹き飛ばそう!今回は創業から60年以上経つ、カレーの老舗3店を紹介する。昭和レトロにカジュアル、アットホームとそれぞれの個性が際立つ店の雰囲気や内装にも注目してみて。

■ 前身は社員食堂兼大衆食堂で大盛況「日正カレー」

「日正カレー」は、1951(昭和26)年創業の大衆食堂。「カレーライス」(650円)は、鶏ガラスープを下地にした昭和のカレーながら、ルーからは香辛料が香り立つ。月桂樹などの香辛料8種類を使った茶褐色のカレーは、あとから辛さがジワジワと増してくる。ちなみに、約50年前から使い続ける、店名が入った特注の多治見美濃焼のカレー皿もレトロだ。ちょうちんや看板にも「日正」の文字が入っている。

■ 創業70年の老舗!「銀座スイス」で味わう元祖カツカレー

日本人の国民食とも言える、カレーとトンカツ。その2つを組み合わせたカツカレーは、私たちの心を掴んで離さない、不思議な魅力がある。その発祥の店として知られているのが、創業70年の老舗洋食店・銀座スイスだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >