2017/11/29 12:34

【福岡うどん愛】創作うどんと店主厳選の酒を楽しむ“うどん居酒屋”「釜喜利うどん」

澄んだスープに浮かぶすだちは徳島県産のものを使用
澄んだスープに浮かぶすだちは徳島県産のものを使用

福岡で近年ブームとなっている“うどん居酒屋”。その人気店「二○加屋長介(にわかやちょうすけ)」(福岡市中央区薬院)の姉妹店として2013年にオープンした「釜喜利(かまきり)うどん」。「二○加屋長介」とは一線を画す同店のサービスとうどんへのこだわりに注目だ。

■ “温”も“冷”もOK!爽やかさがクセになる「すだちかけうどん」が人気

うどんはもちろん一品料理が充実している「二○加屋長介」に比べ、「釜喜利うどん」はうどんが主体のうどん居酒屋。看板メニューは「すだちかけうどん」。すだちの輪切りが複数枚のった見た目にも爽やかなルックスが特徴的な一杯だ。徳島県産のすだちを1杯につき1~1.5個使用し、スライスにすることでダシにすだちの風味が溶け出し、あっさりと食べられる。

のど越しがよくなめらかな食感が特徴の麺は、独自のルートで仕入れる糸島の小麦粉を使用。小麦の風味も楽しめるよう、製麺所でオリジナルの調合として仕上げている。また、「二○加屋長介」と同じ製法で作られるダシは、カツオ節やサバ節、昆布など数種をブレンド。弱火でゆっくりと火にかけることで、素材の旨味が溶け出した透明度の高い理想の状態へと仕上げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >