2018/01/05 18:00

野毛にある老舗精肉店「尾島商店」が手がける、極上の肉を味わう肉カフェ

「国産牛サーロインステーキ」(200g4,104円)は自家製ガーリックバターソースなどで。「尾島バーガーセット」(1,232円)、「本日のオムレツ」(594円)などもある/(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈
「国産牛サーロインステーキ」(200g4,104円)は自家製ガーリックバターソースなどで。「尾島バーガーセット」(1,232円)、「本日のオムレツ」(594円)などもある/(C)KADOKAWA 撮影=野口 彈

2017年11月3日、横浜の野毛に「MEAT CAFE OJIMA(ミート カフェ オジマ)」がオープンした。こちらは1923(大正12)年創業の野毛の精肉店「尾島商店」が開いたカフェで、厳選した国産牛を使ったステーキやシチュー、ハンバーグなどが味わえる。特に人気なのが、同店専用で特注したバンズと国産牛100%のジューシーなパティが絶妙なハンバーガー(1,080円~)で、テイクアウトも可能。そのほかミートパイ(270円)もおすすめだ。

■ ポイント1:精肉店が目利きした極上の肉を使用

ステーキやハンバーグをはじめとする料理に使用する肉は、全国の銘柄牛の中でトップクラスの「仙台牛」や牛肉の中でも最高部位の国産サーロイン。さらに1頭でわずかしか取れない国産牛ヒレなど、高品質のものを使用。食べれば肉の旨味があふれ、肉選びへの妥協しない姿勢を実感できる。

■ ポイント2:肉のプロが見極めるステーキの焼き加減に注目

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >