2017/12/15 18:02

こだわり満載!宮城で食べるべき「つけ麺」5選

女性一人でも入りやすい、明るくスタイリッシュな店内。スタッフの声が元気に響き、接客にも定評がある
女性一人でも入りやすい、明るくスタイリッシュな店内。スタッフの声が元気に響き、接客にも定評がある

暑い日やたっぷり食べたい時のおすすめが、冷水でキリッとしめた麺を味わう「つけ麺」。ドロッと系やさっぱり系、辛味系など、麺もつけ汁も個性的な宮城で食べたいつけ麺5選をご紹介。

■ ラーメンへの情熱ほとばしる香り高い極上の自家製麺

仙台において、つけ麺専門店があまりなかった12年、「しずく」は堂々“つけ麺屋”と屋号に掲げオープンした。店主の駒井氏は店の脇に製麺室を作り、自らの仕事場となるそこを「夢」と名付けた。

「つけ麺は麺が命」。この信条は創業時も今も変わっていない。客になるべく鮮度のよい麺を味わってもらいたいと1日に2回、時間をずらして製麺している。できたての麺は喉越しのよさ、モチモチ感が際立つ。駒井氏は「打ちたての麺は何もつけず、そのまま食べてもおいしい」と笑顔で話す。

「新濃厚魚介つけ麺」(780円)の粘度の高いつけ汁は、鶏ガラやゲンコツを20時間かけて炊き出した動物系に、魚介ダシと魚粉で旨味をプラス。小麦香る自家製麺も力強い弾力があり、存在感がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >