2017/12/28 17:00

【神奈川】名店のDNAを受け継ぐつけ麺店「つけ麺 はま紅葉」が日ノ出町に登場。“三刀流”の麺で勝負!

「つけ麺」(800円)。動物系の旨味と魚介の風味のバランスが絶妙なスープは、濃厚だがサラリとしていて食べやすい。写真の麺は平打麺(230g)/(C)KADOKAWA 撮影=後藤利江
「つけ麺」(800円)。動物系の旨味と魚介の風味のバランスが絶妙なスープは、濃厚だがサラリとしていて食べやすい。写真の麺は平打麺(230g)/(C)KADOKAWA 撮影=後藤利江

2017年11月17日に、横浜市中区の日ノ出町にオープンした「つけ麺 はま紅葉」。その店名を聞いて、ピンとくるラーメンマニアもいるだろう。そう、こちらの店は東京・国分寺の名店「つけ麺 紅葉」ののれん分け。同店で修業を積んだ女性店主と男性店長による「紅葉」仕込みのつけ麺が自慢で、二刀流の上を行く“三刀流”の麺を武器に、早くも人気を集めている。

■ 食感・風味が異なる3種類の自家製麺を好みの量でオーダー

「紅葉」の味を踏襲しているスープは、濃厚魚介豚骨。豚骨・丸鶏・モミジ(鶏の足)などの動物系に、7~8種類の野菜・フルーツを合わせ、3日間かけて強火で煮込み、さらにカツオ節やサバ節、煮干しなどの魚介ダシを加えて、濃厚な旨味と風味を抽出している。それでいてスープはサラサラで、くどさはまったくない。その秘密は丁寧な仕込みにあり。スープを完成させるのに3日間を要するが、その過程で1日ごとに冷やし、余分な脂を取り除くことで、濃厚ながらあと味がスッキリのスープに仕上げている。また、旨味調味料を一切使っていないのもこだわりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >