2017/12/25 08:00

【手みやげ】関西の百貨店バイヤーが大予測! 2018年の手みやげのトレンドとは

モロゾフのプリンが、阪神梅田限定でシュークリームに。これも、ちょっとした付加価値をプラスする戦略
モロゾフのプリンが、阪神梅田限定でシュークリームに。これも、ちょっとした付加価値をプラスする戦略

デパ地下スイーツは、時代の合わせ鏡。客の好みやトレンドもどんどん変わっていると同時に、商品も進化しているはず。そんな変化に、百貨店はどんな対応や工夫をしているのだろう? そして、2018年の手みやげのトレンドとは? バイヤーさんに直撃してみた。<※情報は関西ウォーカー(2017年12月15日発売号)より>

■ ブランドの特徴にちょっとした変化を付けて、付加価値をプラスしていく

例えば阪神梅田本店では「ブランドが持っている特徴や素材をシンプルに生かしたうえで、ちょっとした変化を付けて“阪神限定”といった付加価値をプラスしたものを販売するようにしています」。なるほど、ここでしか入手できない特別感を出すことで興味を持ってもらうという工夫だ。

また、関東と関西の違いを挙げたのはあべのハルカス近鉄本店。「手みやげやスイーツのトレンドは東京発が多く、見た目重視のお菓子が多いのですが、関西のお客様は味と値段にも厳しく、流行りのものも一時的なブームで終わってしまうことが多いんです。味やボリュームなど、関西で受け入れられるかを見極めつつ、扱う商品を選んでいます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >