2018/02/09 12:31

抹茶パフェの先駆け老舗茶屋「京はやしや」のほうじ茶スイーツがスゴイ

「ほうじ茶氷あんみつ」(1080円、お茶セット1404円)。ほうじ茶シロップがたっぷりかかり最後までおいしい
「ほうじ茶氷あんみつ」(1080円、お茶セット1404円)。ほうじ茶シロップがたっぷりかかり最後までおいしい

創業260余年、“お茶は飲むだけではなく、茶葉まで食すもの”をコンセプトとする宇治の老舗茶屋「京はやしや」。生・焼き菓子の販売を専門とするパティスリーを2店舗、カフェを12店舗展開し、JR博多シティアミュプラザ博多店は九州唯一のカフェだ。

■ 創業260余年!現在ブームのほうじ茶にも力を入れる

茶席に用いられる特別な飲み物だった宇治の抹茶を「もっと気軽に楽しめるように」と、抹茶ミルクやパフェを考案。1969(昭和44)年に抹茶パフェを初めて開発したのも同店だといわれており、常に時代に合ったお茶の楽しみ方を提案し続けている。

茶葉ではなく、茎のみを選別した「ほうじ茎茶 朝かおり」は、1902(明治35)年に3代目林屋新兵衛が考案したもの。茶葉と比べて渋みが少ないのが特徴だ。香りの高さも評価されていて、主に北陸で愛飲されている。「朝かおり」(写真上648円)は、3煎目まで楽しむことができるので、1~3煎と変化する風味を楽しんでみて。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >