2018/01/11 11:00

戦略変更で大ブレイクの「天ぷらまきの」/閉店した1号店から変えたスタイルとは

(株)トリドールジャパン業態推進部尾関友朗さん(左)/天ぷらまきの
(株)トリドールジャパン業態推進部尾関友朗さん(左)/天ぷらまきの

セルフスタイルの讃岐うどん店「丸亀製麺」や焼鳥店「とりどーる」を展開する「トリドールホールディングス」。同社が手がける「天ぷらまきの」は、現在関西を中心に7店を展開している。手ごろな価格ながら、目の前でスタッフが揚げる様子が楽しめるライブ感と、まるで高級店のコースのように揚げたてを順に楽しめるスタイルが評判を呼び、いずれの店舗でも行列ができるほどの盛況ぶりだ。そんな「天ぷらまきの」仕掛け人に大ブレイクの秘密を聞いた。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月5日発売号)より>

(株)トリドールジャパン業態推進部尾関友朗さん(42)。5年前より「天ぷらまきの」の責任者としてメニュー開発や店舗マネジメントなどに携わる。現在は新業態「天丼まきの」を担当する。

■ 兵庫・播磨町に出店した1号店は実は大苦戦

意外なことに、「10年ほど前に兵庫の播磨町に出店した1号店は、実はうまくいかずにすぐに閉店してしまったんです」と尾関さんは言う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >