2018/01/10 19:27

【第47回】家族経営のアットホームな老舗焼鳥店、愛知・春日井「泉屋」

レトロで親しみやすい外観。酒飲みなら思わず暖簾をくぐりたくなる雰囲気だ/photo by 小塚清彦/(C)KADOKAWA
レトロで親しみやすい外観。酒飲みなら思わず暖簾をくぐりたくなる雰囲気だ/photo by 小塚清彦/(C)KADOKAWA

1939(昭和14)年に大衆食堂として創業し、時代と共に店の形態を変えながら、80年に近い歳月を刻んできた愛知県春日井市の「泉屋」。アットホームで良心的な焼鳥店として愛されながら、常連から一見客まで毎晩たくさんの客でにぎわっている。

■ 大衆食堂から焼鳥店への変遷

JR春日井駅の北口から徒歩4分と、好立地に恵まれている焼鳥店「泉屋」。同店の創業は、春日井駅がまだ鳥居松駅と呼ばれていた戦前の1939(昭和14)年にさかのぼる。「そのころ、すぐ近くに軍需工場が建てられてね。そこで働く人たちのために、親父がここで大衆食堂を始めたんですよ」と話すのは、2代目の木全克敏(きまたかつとし)さんである。

その後は戦火が激しさを増し、一時的に店を閉めていた時期があるものの、戦後の昭和20年代に営業を再開。この時に、大衆食堂から割烹料理店へと生まれ変わった。当時、特に人気があったのはウナギや鶏料理など。現在もメニューに残っている「うなぎ小串」(780円)は、そのころの名残であるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >