2018/01/23 15:00

【福岡のうまかもん】毎日食べたいコロッケと昔ながらのお総菜の店「今井商店」

サックリ、ほっくり。毎日でも食べたくなるコロッケ
サックリ、ほっくり。毎日でも食べたくなるコロッケ

北九州モノレール旦過駅のほど近く、地元の主婦や観光客たちでにぎわう小倉の名所・旦過市場(北九州市小倉北区)。肉や魚、野菜に果物など、なんでもそろう市場のなかでも、つい足を止めてしまうのがお総菜の店「今井商店」。

1949(昭和24)年創業「今井商店」のショーケースには、コロッケや白和え、おからにうま煮など、どれも懐かしくてほっこり心が温かくなる料理が並ぶ。

■ ほっこり懐かしい。旦過市場で味わう手作り総菜

揚げたてはもちろん、冷めてもおいしいのが「今井商店」のコロッケ。合挽き肉やニンジン、タマネギ、ジャガイモなど定番の素材を使い、特別な調理法があるわけでもない。けれども妙においしくて、毎日でも食べたくなるから不思議だ。人気の「ビーフコロッケ」(90円)や、「カニサラコロッケ」(120円)、「豆腐コロッケ」(150円)、「ロースカツ」(170円)などもオススメ。

「白和え」をはじめ、「トリ肝」や「うま煮」、「きんぴらゴボウ」(各100g/220円)は、どれもごはんのお供にぴったり。炒め物には、旨味が溶け込んだ揚げ油を使うのだとか。食材は国産のものを使用する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >