2018/01/11 20:13

肉汁があふれ出すステーキにウニパスタ!長崎・壱岐の美食を食べ尽くせ

「壱岐牛ロースステーキ」(単品は4860円)。潮風を浴びた牧草で育てられた壱岐牛は柔らかく旨味たっぷり。上品な脂は胃にもたれないと評判
「壱岐牛ロースステーキ」(単品は4860円)。潮風を浴びた牧草で育てられた壱岐牛は柔らかく旨味たっぷり。上品な脂は胃にもたれないと評判

福岡市中央区今泉の「離島キッチン福岡店」では、1月31日(水)まで「離島のグルメフェア」を開催中!今月の主役は、海あり山ありの食材の宝庫、長崎県の壱岐だ。

離島の味覚が集まる「離島キッチン福岡店」らしく、イカにウニ、ブリなどの海鮮やミネラルたっぷりの壱岐牛といった島を代表する食材はもちろん、今回は地元で長く受け継がれる伝統の味も登場する。(天候や仕入れの状況により、食材が変更になる可能性あり)

単品もいいけれど、満喫するなら特別コース(5400円)がおすすめ。コースのラインナップは7品。先付け(日替わり)、ウニパスタ、お造り、あおさのだしたまご焼き、壱岐牛ロースステーキ、ひきとおし、 〆のご飯(海士町)。

コースの目玉はなんと言っても壱岐グルメの代表選手、壱岐牛とウニ。噛みしめるほど肉汁があふれ出す壱岐牛のロースステーキとウニをふんだんに使ったパスタは食べずに帰るには惜しい一皿だ。

さらに、普段はなかなか味わえない名物にも注目を。潮水のにごりで作った「壱岐豆腐」は、通常の豆腐の2倍ほどの大きさと木綿豆腐よりもやや硬めの食感が特徴で、何もつけなくても豆のふくよかな旨味が楽しめる。賞味期限が短くお土産にするのは難しいため、福岡で味わえるのはかなりラッキー。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >