2018/01/26 12:00

第52回 おいしいものを追求する名古屋市東区の老舗「森田屋」

国道19号線から西へ1本入った通りに位置する「森田屋」/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA
国道19号線から西へ1本入った通りに位置する「森田屋」/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA

国道19号線、赤塚の交差点から少し南西に行くと見つかる「森田屋」は、1888(明治21)年に創業したそば・うどん店だ。道路が整備された現在では、大通りから1本入った場所にあたるが、国道が開通するより以前はメインストリート沿いの好立地だったという。

■ 協力して店を営む3代目と4代目

店の主人は4代目にあたる玉津 亮さんだが「今でも父と一緒にやっているので、継いだつもりはあんまりないです」と話す。亮さんは3代目の嘉人さん、母の美緒子さん、弟やパートの人らと店を切り盛りしている。

2018年で創業130周年を迎えた「森田屋」だが、創業当時のことはほとんど分からないそうだ。「創業当時は山口町(国道19号線の東側)にあったそうです。90歳の祖母が生まれた時には今の場所にあったと言っていますから、おそらく90数年前にここへ移転してきたのでしょう」。

「森田屋」を創業したのは亮さんの高祖父。それを曽祖父が継ぎ、祖父は継がなかったが、父が継いだ。亮さん自身は学生時代から継ぐつもりだったそうで、その前に世の中を見てこようと、一旦はサラリーマンとして就職した。そして店に入ったのは8年前のことだという。また今は全国麺業青年連合会および愛知県麺業青年会の副会長職も担っている。そうして情報収集に努めているそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >