2018/01/16 11:21

【新店】ミルクレープ生みの親による専門店「casaneo(カサネオ)」誕生! 新キーワードは“重ね菓子”

ミルクレープは、スプーンを入れた時の感触も楽しみたい/casaneo(カサネオ)
ミルクレープは、スプーンを入れた時の感触も楽しみたい/casaneo(カサネオ)

1988年の誕生以来愛され続ける国民的スイーツ、「ミルクレープ」の開発者である関根俊成シェフが手がける新ブランド「casaneo(カサネオ)」が、阪急うめだ本店に1/17オープンする。その“重ねる”技術を駆使し、今までにない新しい味わいを創造する。<情報は関西ウォーカー1月23日発売号より>

■ 透けるほど薄い生地! これぞミルクレープ

看板商品のミルクレープ(カット501円ほか)は、極限まで薄くしたクレープ生地を丁寧に重ねることによって、独特の繊細な舌触りを実現している。その層の数は、なんと20というから驚き! サンドするのは、自家製カスタードと生クリームをブレンドしたさっぱりテイストのオリジナルクリーム。上品な甘さが絶妙だ。

食べてみると、フォークが抵抗なくスッと入る感触はさすが! 表面はキャラメリゼしてあり、そのほのかな苦味がクリームの程よい甘味を引き立てている。

関根俊成シェフは老舗パーラーや人気ケーキ店で腕を磨き、ミルクレープを考案。またそれを冷凍食品として配送するシステムを確立した、ミルクレープブームの立役者。「ミルクレープはラザニアにヒントを得てから完成にいたるまで、かなり試行錯誤。発売当時はフライパン2つで作っており、1日6ホールが限界で、幻のスイーツとも呼ばれました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >