2018/01/23 12:00

【福岡】福岡西エリアの大本命ラーメン!老舗「安全食堂」で味わう王道豚骨

「ラーメン」(600円)。余分な脂身を丁寧に削ぎ落したチャーシューも旨い
「ラーメン」(600円)。余分な脂身を丁寧に削ぎ落したチャーシューも旨い

福岡西エリアは今なおイニシエのラーメン店が存在感を放ち、若手も台頭してきた福岡屈指のラーメン激戦区。なかでも、圧倒的人気を誇り、博多ラーメンの文化的存在ともいえるのが1974(昭和49)年創業の「安全食堂」(福岡市西区)だ。大将・柴田勲さんが作る豚骨ラーメンを求め開店前から順番待ちができ、16時の閉店まで客の波が途切れることはない。

■ 旨さ染み渡る王道豚骨にハマる

「ラーメン」(600円)は、豚骨100%のスープに細麺の“THE博多ラーメン”というシンプルなビジュアル。「臭みをより抑えたい」との思いから、骨の部位は頭ではなく背骨とゲンコツのみを使う。

豚骨フレーバーが程よく効いたスープを飲むと、最初はあっさりとした印象だが、食べ進めていくごとに豊潤な旨味が増幅。チャーシューを煮込んだ醤油ダレがスープを見事に引き立てている。

■ 量が多い!ラーメンとの黄金コンビ・焼き飯もどうぞ

また、同店は“焼き飯が旨い店”としても有名。ラーメンのスープありきで優しく味付けされた「焼き飯」(800円)は、口のなかで広がるパラフワ感も完璧。ひと皿に米が約500gとかなりのボリュームなので、2、3人でシェアするのがおすすめだ。

カウンター越しに見られる大将の流れるような麺網さばき、スープ張りなども魅力のひとつ。至極のラーメンを味わいに郊外まで足を伸ばしてみよう。

[安全食堂]福岡県福岡市西区横浜3-35-1 / 092-806-2511 / 11:00~16:00※売切れ次第終了 / 水曜休み

【九州ウォーカー編集部/取材・文=上村敏行(J.9)、撮影=戸高慶一郎】(九州ウォーカー・上村敏行)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >