2018/02/09 18:05

個室も完備!下北沢の人気店「都夏」が神奈川初・溝の口にオープン

カキはもちろん、新鮮な鮮魚と日本酒も売りで、オリジナルの日本酒「都夏」(グラス800円)もある。刺身盛り五種(2,008円)は内容が日替りでボリューム満点の約7点!/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二
カキはもちろん、新鮮な鮮魚と日本酒も売りで、オリジナルの日本酒「都夏」(グラス800円)もある。刺身盛り五種(2,008円)は内容が日替りでボリューム満点の約7点!/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

2017年11月27日、溝の口に東京・下北沢の人気店「都夏(つげ) 溝の口店」がオープンした。素材を重視し、漁港から直送の魚介類、川崎の地元野菜、山梨県の白州野菜をはじめ、全国から吟味した素材を使用。また調味料も妥協せず、ドレッシングやソースも自社製品と徹し、醤油は千葉県産を用いている。料理は刺身からアヒージョ、麻婆豆腐まで和洋中がそろう。さらにカキが名物で、名産地・岩手県広田湾の業者と契約しており、5月ごろまで新鮮な生ガキが楽しめる。

■ ポイント1:新鮮な岩手県広田湾のカキを味わおう

全国各地からその時期一番旬のカキを仕入れているが、なかでも注目したいのは、岩手県広田湾の佐々木まことさんの「まことガキ」だ。プランクトンの多い川と海の境目で真心こめて育てるため、ほかのカキに比べ身がプックリしていて味が濃厚なのが特徴。「生カキ」(1個410円)、「殻付きカキの缶カン焼き」(1,339円)などで楽しもう。生ガキは早い時間で売切れてしまうこともあるので、早めの来店がおすすめだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >