2018/01/30 17:07

第54回 “早い、うまい、安い”を守り続ける三重・四日市の「あさひ食堂」

四日市一番街商店街の中でも、ひときわにぎわう人気店/photo by 石塚実貴/(C)KADOKAWA
四日市一番街商店街の中でも、ひときわにぎわう人気店/photo by 石塚実貴/(C)KADOKAWA

昼間は大衆食堂、夜は大衆盛り場という2つの顔を持つ三重県四日市市の「あさひ食堂」。四日市名物のトンテキなど豊富なメニューをそろえ、昼からほろ酔いの人など常にたくさんの客でにぎわっている。

■ 四日市一番街商店街でも屈指の老舗

たくさんの店が軒を連ねる四日市一番街商店街。「あさひ食堂」が店を構えるのは、そんな活気にあふれた商店街の南西あたり。近鉄四日市駅の北口から徒歩2分という好立地にある。

「あさひ食堂」の創業は1956(昭和31)年。ちょうど近畿日本四日市駅(現在の近鉄四日市駅)が現在地に移転した年である。「もともと青果店を営んでいた先代が、駅の移転に合わせてこの店を開業したんです」と話すのは、2代目店主の夫人である村田里子さん。「今ではこんな立派な商店街ができていますけど、創業したころは周りになんにもなかったんですよ」と教えてくれた。

そして創業から数年後に四日市コンビナートが誕生。客足が一気に伸びたことで最盛期を迎えた。ちなみに当時は早朝6:00から23:00までの通し営業。夜勤明けの客が朝から酒を飲んで盛り上がるなど、毎日が目の回るような忙しさだったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >