2018/02/02 12:00

第57回 職人気質と愛嬌で慕われる名古屋・内田橋の大衆食堂「天麺 大黒屋」

内田橋商店街にある「天麺 大黒屋」/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA
内田橋商店街にある「天麺 大黒屋」/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA

名古屋市西区の円頓寺、南区の柴田と並び称され、知多街道の入り口としてかつてにぎわいをみせた内田橋エリア。今では静かな雰囲気になってしまった商店街だが、ここで長年営業を続けている「天麺 大黒屋」は、今も地元客に愛される店として知られている。

■ 夫婦で営む地元密着の大衆食堂

「天麺 大黒屋」は、3代目主人の黒川英勝さんが、妻のつなえさんと2人で守っている。かつては料理人がさらに2人いて、周辺への出前もやっていたそうだが、職人が独立するなどして辞めていった。それでも「お客さんが来てくださる以上は、2人でできる限り続けていこう」と、店内営業だけに絞り、営業時間を減らすなどして続けている。英勝さんは77歳、つなえさんは71歳。後継ぎの予定はないそうで、この2人の「できる限り」が店を支えている状況だ。

高齢ではあるが、2人は生き生きとした表情で店を回している。「こういう商売が好きでね。お客さんと話すのが好きだから、この歳でも続けていけるんですわ」とつなえさんは明るい笑顔を向ける。つなえさんはお見合いで黒川家に嫁いできたそうだが、サラリーマンとの縁談があっても断り、家業として商売をしている家との縁談を選んだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >