2018/01/23 12:00

いちごブッフェブームの火付け役に予約が殺到! 「ホテルニューオータニ大阪」の何がすごいのか

サクサクのパイでカスタードクリームをサンドした、ナポレオンパイ
サクサクのパイでカスタードクリームをサンドした、ナポレオンパイ

13年にいち早くいちごブッフェをスタートさせた「ホテルニューオータニ大阪」。そもそも企画が立案されたのは「当時の担当者が、車窓から房総半島に広がるいちご畑を眺めている時にひらめいた」のがきっかけ。ホテル内にリアルいちご畑を!という意見が出たほどの意気込みでスタートしたという。

その人気の秘密をチーフパティシエの鹿児島裕之さんに聞いた。

■ 開催6年目の先駆けによる、着実な進化と充実度がすごい

いちごとサンドウィッチの2本立てというテーマは継続しつつ、年々スイーツの種類や内容がパワーアップ。新たにブッフェ台を設けるなどの改装を経て現在にいたる。

16年からは、インスタグラムのブームを受けて会場のエントランス横に、写真映えする撮影ブースを設けた。今回は、ピンク色を背景に、ジュエリーボックスに入ったいちごやコスメをディスプレーしているので、会場で思い出に残る撮影タイムも楽しみたい。 

近年のいちごブッフェブームと共に、集客数は急上昇。15年には集客が20000人を超え、16年には電話が鳴りやまない状態に。それまではロビー階で応対していた電話回線をバックヤードに移し、17年からインターネットでも予約ができるように態勢を整えた。結果、昨年は期間中にトータル約68万個(13トン以上!)ものいちごがゲストの目とおなかを満たしたというから、想像をはるかに超えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >