2018/01/31 11:55

第55回 名古屋ご当地ラーメンの雄。“好来系”の元祖「好来道場」

住宅街にたたずむ好来道場。看板に「総本家」の文字が掲げられる/photo by 古川寛二/(C)KADOKAWA
住宅街にたたずむ好来道場。看板に「総本家」の文字が掲げられる/photo by 古川寛二/(C)KADOKAWA

好来系(こうらいけい)、というラーメンをご存知だろうか。名古屋市千種区に店を構える「好来道場」を元祖とするラーメン店の総称で、今では全国区の知名度となった台湾ラーメンと同じく“名古屋ご当地ラーメン”の1つとして知られている。その源流を辿るべく、好来道場の門を叩いた。

■ シンプルで、食べ飽きることのない“日常の味”

「好陽軒」「陣屋」「好好」「招福軒」など、名古屋市を中心に約20店が暖簾を掲げる好来系のラーメン店。それらの元祖として位置付けられているのが、1959(昭和34)年創業の好来道場だ。「好来系とは?」という問いに対して、よく耳にするのが“薬膳ラーメン”という言葉。「“薬膳ラーメン”は分店のどこかが言い出した言葉でね。うちのラーメンはそんな大層なものじゃないよ」と話すのは、好来道場の3代目店主を務める大橋健次さん。あっさりとした醤油スープにもっちりとした太麺、途中で加える高麗人参酢など、好来系ならではのやさしい味わいを表した言葉だが、材料や製法を詳しく聞くも、確かに“薬膳”の本質は満たしていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >